頑張ったね   

「残念です」と教授の声。
「こちらへどうぞ」と案内されて、ぼんやりとついて行く。
「すみません力不足で、最善を尽くしたのですが」
・・・
私は何も答えられず、泣いていた。
しばらくして・・・
お願いがあるという教授。
「何でしょうか?」・・・「未来の獣医師を育てるために、ミーさんの解剖をさせて欲しい」
私 ・・・・。
ミーさん・・・他のネコ達のために許可していいの?と問いかけて見たものの、返事があるわけも無い。
即決迫られ・・・「わかりました」
皆様のお役に立つのならと、解剖する事を承諾した。
ミーさんごめんね。
その後は、他の子達と一緒です。
最後の最後に世の中の役に立ったミーさん・・・ありがとう。
偉いよ・・・ミイさん。
泣きながら帰る私の後から教授の声・・・「気をつけて」
・・・お世話になりました。
 
私もドナー登録しようかな・・・

ミーさんに贈る
神州の正気 君に頼って尊し(引用)
(しんしゅうのせいき きみによってとうとし)

[PR]
# by nekocchi1122 | 2006-09-12 13:13 | ネコのミーさん | Trackback | Comments(3)

起き上がってよ!

ミーさんを手渡し「よろしくお願いします」・・・「様子を見ながらやりますよ。」
インターンの先生に優しく促され、控え室で待つ私・・・
15分程たった時、教授のあわてた様子が見えた。
ミーさんに何かあったとすぐに悟る。
部屋に入て息を呑む・・・呆然と立ち尽くした。
目の前のミーさんはピクリとも動かない・・・(どうしちゃったの?)
10人ほどのスタッフが見守る中・・・心臓マッサージ
私はただ泣くだけ・・・
余りの泣きように驚いたのか、「大丈夫ですか?」と声をかけられた。
ハッと我に返った私は・・・もう一度ミーさんを見た。
ミーさん起き上がってよ!
[PR]
# by nekocchi1122 | 2006-09-12 13:12 | ネコのミーさん | Trackback | Comments(0)

寝てばかりいるミーさん・・・我が家に帰ってホッとした?
ある日、ヨロヨロと近寄って来る・・・あわてて駆け寄り抱きしめた。
ミーさんごめんね・・・早く病気に気づいてあげられなくて。
一言「具合悪いんだよ」・・・と言ってくれればいいのに。
ミーさんますます動けなくなる。
オムツと檻を買ってきた。
檻を組み立てシートを敷くと・・・自分で入っておどけて見せた。
可愛い姿にまた涙。

とうとう何も食べず、水も飲まなくなってしまった。
何か食べたいものはないの?
何でも買ってきてあげるから・・・何をあげても口にせず。
また病院。
キャリーに入れたら異常に嫌がる。
我慢してね・・・点滴してもらわないと死んじゃうよ。
[PR]
# by nekocchi1122 | 2006-09-11 13:41 | ネコのミーさん | Trackback | Comments(0)

空のペットキャリー

大学病院へ…
ミーさん入院・・・ペットキャリーの中、「出せだせ」と掘るまねをする。
涙が止まらない・・・私
まだ死んだわけじゃない・・・と自分を励ます。
大学病院の檻の中・・・
こちらを見ながら・・・おいて行かないでよと言いたげに悲しい顔。
声にならないクチパク・「ニャ~」
泣きながら急いで立ち去る私・・・よろしくお願いします。
空のペットキャリーを持ち帰り、車の中でしばらく泣いた。
涙で霞、運転できず・・・

動物依存・・・

10日後、ミーさん一時退院・・・
少し元気になったと教授が仰る。
喜び勇んで帰宅をしたものの、ジッとしていて動かないミーさん。
そっと抱っこしてベッドに運ぶ・・・余りの軽さにまた涙。
[PR]
# by nekocchi1122 | 2006-09-11 13:36 | ネコのミーさん | Trackback | Comments(0)

リンパ腫

8年前、友人宅から引きとった雄ネコのミーさん・三ヶ月^^
元気いっぱい飛び回っていた。

9歳の誕生日も終えて数日たったとき(1月)時のこと、
クシャミする・・風邪でもひいたのか?
暖かくしておやすみ^^
今度は嘔吐・・・いつになくひどい。
すぐに病院へ連れていく。
今まで元気で、予防注射しか受けた事がなかったのに・・・
採血し、とりあえず栄養注射と薬。
それからは、毎日々病院へ・・・1ヶ月経過。
一向に良くならない・・・どうして?
みる々やせ細っていくミーさん・・・私も我慢の限界だ!
「先生何とかしてください。」
やっとのことで大学病院紹介あり・・・診断は、リンパ腫。
私は一瞬凍りついた。
[PR]
# by nekocchi1122 | 2006-09-10 13:34 | ネコのミーさん | Trackback | Comments(0)