ウラゴマダラシジミ キマダラセセリ ヒメキマダラセセリ トラフシジミ ウラナミアカシジミ

今回のアップは手直しがかなり多かったです(><:
アドバイスをしてくださった一寸野虫さん 久保田先生ありがとうございました。

ウラゴマダラシジミ シジミチョウ科  
d0091754_18131054.jpg裏翅
ゼフィルスと呼ばれるシジミチョウです。
幼虫はイボタノキの蕾やミヤマイボタの実を食べる。


d0091754_18134197.jpg表翅



キマダラセセリ セセリチョウ科
d0091754_23134632.jpg
幼虫はイネ科のススキ・エノコログサなどを食べる。
幼虫越冬


d0091754_2314179.jpg



ヒメキマダラセセリ ♂ セセリチョウ科 セセリチョウ亜科
d0091754_23272214.jpg
幼虫の食草はイネ科・カヤツリグサ科の植物



トラフシジミ シジミチョウ科 
d0091754_22484140.jpg
夏型



ウラナミアカシジミ シジミチョウ科 d0091754_2332362.jpg

ゼフィルスです。


[PR]
トラックバックURL : http://nekocchi11.exblog.jp/tb/9932033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ビワ at 2009-07-03 19:20 x
ウラゴマダラシジミはシックなカラーリングですね。
セセリチョウは胴体が太め?
Commented by 一寸野虫 at 2009-07-03 20:54 x
美蝶達の競演ですね~。

分類なんて人間の都合ですし、シジミチョウ科はまだ分類が安定していないのでどうでもよいのですが・・・
ミドリシジミ亜科にはミドリシジミ族の他にムラサキシジミ族など複数が含まれます。
通常ゼフィルスは狭い方のミドリシジミ族をさして使いますので、ムラサキシジミやトラフシジミ等は含まれません。
先日のミドリシジミやウラナミアカシジミ、ウラゴマダラシジミはゼフィルスですよ。
Commented by nekocchi1122 at 2009-07-03 22:48
>ビワさん^^
裏翅は地味目ですが、翅を開くとなんだかとても美しいんです^^
セセリは翅が小さいので太く見えますね^^
Commented by nekocchi1122 at 2009-07-03 23:33
>一寸野虫さん^^
アドバイスありがとうございます。
亜科のところまで行くと難しくなってしまいますね~^^:
あ、ミドリシジミのところへ書くのを忘れてました。
早速書き足しておきます・ありがとうございました~^^♪
Commented by 久保田 at 2009-07-04 10:47 x
3年前多摩市に引っ越してきて、河辺林に下にウラゴマダラシジミの食樹イボタが群落であるのに気付きました。翌年、梅雨前に同じ場所に行くとウラゴマダラが多数飛んでいて大喜び!その後、各所でたまに見かけます。♂♀の識別ですが、なんとなく♀と思いますが、この蝶も写真だけでは断定できないかもしれません。
トラフシジミはミドリシジミ亜科に分類されますが、ゼフィルスの仲間とはかなり離れた一群で、日本には1種ですが、東アジアに10種ほどいます。
Commented by ディック at 2009-07-04 20:57 x
第1位: キマダセセリ、第2位: キマダラセセリの2枚目。
セセリは目が可愛いから好きです。
Commented by nekocchi1122 at 2009-07-05 01:48
>久保田先生^^
これからは毎年、イボタノキ周辺を探して歩くようですね^^
雄雌もはっきりさせるのにはなかなか難しいということですね。
トラフシジミ・・・まだゼフィルスが消してなかったんですね^^:
ありがとうございました。
Commented by nekocchi1122 at 2009-07-05 02:04
>ディックさん^^
大きな目をしたキマダラセセリは愛らしいですね^^
種類も豊富ですが、まだ見たことのない方が多いのでチャレンジしていきたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nekocchi1122 | 2009-07-03 16:10 | 東京・多摩市 | Trackback | Comments(8)