緑紅の道 <リョウブ エゴノキ ヒメヒオウギズイセン ウツギ>

リョウブ
リョウブ科 リョウブ属 落葉小高木
学名:Clethra barbinervis
花期:7~9月 結実期:10~11月
小さな花が無数についています。この時期の公園は、花が少ないので良く目立ち、見事なまでに伸びた花序が美しい。この花序は「白竜の尾」を連想させるところから付けられた名前のようです。オカトラノオは「白虎の尾」で、太く垂れ下がった白い花穂を付けるところからこの名前がある。古来より白い動物は縁起が良いとされてきた。  
d0091754_23161944.jpg
d0091754_23163168.jpg
d0091754_23164176.jpg

d0091754_1323414.jpg

こちらは6月上旬に写したものです。
d0091754_5371820.jpg


エゴノキの実と虫こぶ
散々見て来たエゴノキです。それなのに・・・実が付いている他に、いったいなんでしょう?ずっと悩み続けてやっと判りました。虫こぶです(;**)エゴノネコアシと言う名前まで付いているのです。エゴノネコアシアブラムシが作るもので、6~7月に先端が開き羽のあるアブラムシが飛び出す。その後アブラムシは、アシボソと言うイネ科の植物へと移行する。と言うことで近くにアシボソがあるかもしれないので探してみます。 ヘンな言い方ですが、見事すぎてまさか まさかのことでした。驚きです。  この後、舞岡のひろしさんのところを拝見していてムシコブの写真発見!私が忘れていただけでした~(^^;
エゴノキの実
d0091754_4204256.jpg
d0091754_4205288.jpg

ムシコブ「エゴノネコアシ」まだエゴノネコアシアブラムシが出た様子はありません。
d0091754_421748.jpg


ヒメヒオウギズイセン
アヤメ科 クロコスミア属 多年草
学名:Montbretia crocosmaeflora
花期:6~8月
ヨーロッパで園芸品種として改良された。日本へも観賞用として来たが逃げ出したものが野生化している。
d0091754_451518.jpg

d0091754_18494369.jpg


ウツギの実
かわいい実がなっていました。コマがぐるぐる回っているところをスローモーションでお送りしています・・・(冗談です^^;)
d0091754_4544456.jpg


[PR]
by nekocchi1122 | 2007-07-04 14:42 | 東京・多摩市